自分はあと何年生きられるのかと思うこともある

自分はあと何年生きられるのか

最近、60歳を前に病気や事故で亡くなる有名人・著名人の方のニュースが多いですね。
本当、まだまだ人生これからで、やりたいこともたくさんあったろうにと思うと。
とっても胸が痛みます。

同時に。
自分は、あとどれくらい生きられるのだろうかと、ふとそんなことも考えてしまいます。

スポンサーリンク

人生はいつ何が起きるかわからない

将来、年金だけでは、とてもじゃないけど生活できそうにもない。
今のうちに何とかしないと。
贅沢もレジャーも敵!
節約もして、貯金もして、将来働けるようにしておかないと。

・・・と、考えるだけで暗い気分になりますが。
そもそも65歳まで生きているのか?ということは、日常の中では少し忘れていたりします。
よしんば生きていたとしても、その時、自分は健康で普通に動けているのか?
今と同じではない可能性は、思いもしなかったりします。

まあ、「今」とまったく同じということはないと思うので。
何かしら、あるとは思うのですけど。
病気かもしれないし、事故かもしれないし、何かに巻き込まれるのかもしれないし。

実はもし、あと3年しか生きられない運命だったとしたら。
・・・まあ、私の場合は。
もし近々、命を落とすようなことがあったら、本当、踏んだり蹴ったりの人生だったなと思い切り嘆くでしょうね。(笑)

年金の心配なんかしないで、もっと遊んでおけばよかったと思うのでしょうかね。
無理して節約なんかしないで、もっとやりたいことをやればよかったと思うのでしょうかね。

後悔しないような毎日の積み重ねをしたい

常に時間は流れていて、いつまでも「今」が続くわけはなくて。
未来はいつも変化していると思うのですけど。

どんなことが起きてもいいように、未来に向けて備えておくというのも、とっても大事ですよね。
健康に気をつけることも、老後を考えておくことも、避けては通れません。

ただ、先のことばかり気にしていて、まるで「今」を見ていないのも、よくないのかもしれません。
あとで後悔しないように、今現在を丁寧に充実して過ごすことも大事なのかもしれません。

・・・まあ、とはいえ。
毎日、生きるだけで必死すぎて、そんな余裕なんてないんですけどね。(笑)

そんな暮らしの中でも、小さな幸せに感謝をしたり。
時には、ちょっと無理したり贅沢したりして、やりたかったことを叶えるのも大事なのかもしれません。

そうだなあ・・・死ぬまでには、一度でいいからUSJとか、行ってみたいですけどね。
だって、お金あっても、ぼっちじゃ行けないし。
65歳すぎて老人になってから行きたくないし。
そう考えると、もし何かのきっかけで行けるチャンスがあったら、借金してでも行くかも。(笑)

何もかも、すべての願いを叶えることが難しくても。
もし万が一、途中で人生を終えなければならなくなった時に。
少しでも後悔しないように、毎日を生きたいものですね。

できることなら、猛烈に大変な人生だったけど、まあまあそこそこ幸せで、もう思い残すことはないと思いたいものです。

スポンサーリンク